建設業許可
|料金一覧|事務所概要|お問い合わせ|
建設業許可トップページ建設業許可申請代行サイトマップ
 
建設業許可申請代行サイトサービスメニュー HOME>特定建設業許可の要件

サービスについて

よくある質問と回答集

建設業許可とは

建設業許可の種類

建設業許可の要件

建設業許可申請に準備する資料

建設業許可申請先

建設業許可取得後について

リンク集

お問い合わせ

愛知県・岐阜県の経営審査申請代行

愛知県、岐阜県内の入札参加資格申請代行

愛知県・名古屋市・岐阜県の産業廃棄物収集運搬業許可申請代行

一人親方労災保険特別加入申請

特定建設業許可の要件

 特定建設業許可は、一般建設業許可の要件をクリアした上で、さらに、「財産的要件」と「専任の技術者」が厳しくなっています。 これは、「下請負人保護の徹底を期すため、発注者から直接請負った建設工事のうち一定額以上の工事を下請負人に施工させる建設業者については、下請代金の支払を適正に行い、あるいは下請負人に対して適正な指導を行う能力を有すること」が必要とされているからです。

<一般建設業許可をクリアした上での、特定建設業許可の要件>

特定建設業許可 財産要件

財産・資本の4つの要件

 下記の4つの要件すべてに該当すること
1、資本金の額が2,000万円以上であること
2、申請直前の決算において、資本合計が、4,000万円以上であること。
3、流動比率(流動資産/流動負債)が75%以上であること。
   流動資産÷流動負債×100%≧75%
4、欠損がある場合は、その額が資本金の20%を超えていないこと。

技術者資格の要件

特定建設業許可 財産要件

■7業種(土木一式、建築一式、鋼構造物、舗装、電気、造園、管)の場合
 専任技術者と認められるのは1級国家資格者・技術士法による技術士に限られます。これらの7業種は、総合的な施工技術を要する業種とされ、更に厳しい要件が求められます。

■その他21業種の場合
 専任技術者と認められるのは1級国家資格者・技術士法による技術士又は指導監督的実務経験者。
指導監督的実務経験者とは: 元請工事で、その請負代金の額が4,500万円以上であるものに関して24ヵ月(2年)以上指導監督的な実務の経験を有するもの。

特定建設業許可取得後の注意事項

 専任技術者については常時、財産的基礎は、5年ごとの更新時にも適用されます。
従って、技術者が欠けた場合はその都度、更新の直前決算で財産要件を欠いているときは、特定許可を継続することはできません。一般許可を再取得する必要があります。


建設業許可における一般建設業許可と特定建設業許可の違い | 建設業許可における都道府県知事許可と国土交通大臣許可の違い
建設業許可の4つの要件 | 建設業許可、財産(金銭)的要件について | 建設業許可、経営業務管理責任者の要件について
建設業許可が受けられない欠格事由 | 建設業許可要件、専任技術者になれる国家資格一覧 | 建設業許可の専任技術者要件について
建設業許可要件、専任技術者の指定学科一覧 | 特定建設業許可の要件 | 建設業許可添付書類(愛知県)| 建設業許可添付書類(岐阜県)
岐阜県建設業許可申請書の提出先 | 愛知県建設業許可申請書の提出先 | 建設業許可票(標識)の掲載
建設業許可取得後の各種届出 | 建設業許可と経営事項審査

  〒501-0119 岐阜市大菅南9番20号
  TEL 058-214-7011 FAX 058-253-8305


Copyright(C)2005 Ken Hattori All Rights Reserved