建設業許可
|料金一覧|事務所概要|お問い合わせ|
建設業許可トップページ建設業許可申請代行サイトマップ
 
建設業許可申請代行サイトサービスメニュー HOME>建設業許可登録制度について

サービスについて

よくある質問と回答集

建設業許可とは

建設業許可の種類

建設業許可の要件

建設業許可申請に準備する資料

建設業許可申請先

建設業許可取得後について

リンク集

お問い合わせ

愛知県・岐阜県の経営審査申請代行

愛知県、岐阜県内の入札参加資格申請代行

愛知県・名古屋市・岐阜県の産業廃棄物収集運搬業許可申請代行

一人親方労災保険特別加入申請

建設業許可登録制度について

建設業許可制度

 建設業を営もうとする者は個人、法人、元請、下請に関係なく建設業法第3条の規定により、全て許可が必要となります。ただし、少額な工事のみ請け負う者は、許可が必要ありません。

建設業許可が不要な少額な工事の具体例

 建設業許可が不要な「少額な工事」の具体例

1、建築一式工事の場合
  1件の工事請負金額が、1,500万円未満(税込み)の工事 
  又は、請負代金に関係なく、延べ面積が150u未満の木造住宅工事

2、建築一式工事以外の建設工事(etc 大工工事、電気工事など)
  1件の工事請負金額が、500万円未満(税込み)の工事

上記の請負金額は、1件あたりの工事請負金額です。例えば、電気工事屋さんで年間売上高が1億円でも、1件当たりの請負金額が、すべて500万円未満(税込み)の工事の場合は建設業許可は必要ありません。

<フロチャート>

 工事の請負金額による建設業許可が必要な場合

建設業許可が必要な請負金額


建設業許可における一般建設業許可と特定建設業許可の違い | 建設業許可における都道府県知事許可と国土交通大臣許可の違い
建設業許可の4つの要件 | 建設業許可、財産(金銭)的要件について | 建設業許可、経営業務管理責任者の要件について
建設業許可が受けられない欠格事由 | 建設業許可要件、専任技術者になれる国家資格一覧 | 建設業許可の専任技術者要件について
建設業許可要件、専任技術者の指定学科一覧 | 特定建設業許可の要件 | 建設業許可添付書類(愛知県)| 建設業許可添付書類(岐阜県)
岐阜県建設業許可申請書の提出先 | 愛知県建設業許可申請書の提出先 | 建設業許可票(標識)の掲載
建設業許可取得後の各種届出 | 建設業許可と経営事項審査

  〒501-0119 岐阜市大菅南9番20号
  TEL 058-214-7011 FAX 058-253-8305


Copyright(C)2005 Ken Hattori All Rights Reserved