建設業許可
|料金一覧|事務所概要|お問い合わせ|
建設業許可トップページ建設業許可申請代行サイトマップ
 
建設業許可申請代行サイトサービスメニュー HOME>財産(金銭)的要件

サービスについて

よくある質問と回答集

建設業許可とは

建設業許可の種類

建設業許可の要件

建設業許可申請に準備する資料

建設業許可申請先

建設業許可取得後について

リンク集

お問い合わせ

愛知県・岐阜県の経営審査申請代行

愛知県、岐阜県内の入札参加資格申請代行

愛知県・名古屋市・岐阜県の産業廃棄物収集運搬業許可申請代行

一人親方労災保険特別加入申請

財産(金銭)要件

 建設業許可を受けるには、請負契約を履行するに足る財産的基礎等のあることが必要です。

なぜ財産的要件があるのか?

 財産的基礎の弱い建設業者の場合、建築途中の資金不足による工事の中断という事態などが発生する場合があります。そのため、建設業者に対してある程度の財産的基礎を要求しているのです。

財産的基礎の要件は?

 下記のうち、いずれかを満たしていることです。
1、申請直前の貸借対照表の資本合計(自己資本額)が、500万円以上であること。
2、または、500万円以上の資金調達が可能である。

財産的基礎の証明方法は?

 下記のうち、いずれかの書面を提出します。
1、自己資本額が500万円以上であることがわかる申請直前の決算報告書等。
2、申請人名義の金融機関の預金残高証明書 (500万円以上)
3、申請人名義の金融機関の融資証明書(500万円以上)

預金残高証明書について

・預金残高証明書とは金融機関発行の証明書です。
・建設業許可申請日直前1週間以内の証明書が必要となります。建設業許可申請の直前に証明書をお取り下さい。
・金融機関2箇所以上で合算して500万円以上の預金残高証明書を取る場合は、「○月○日現在の預金残高」を同日の日付でお取り下さい。

残高証明書500万円以上

建設業許可における一般建設業許可と特定建設業許可の違い | 建設業許可における都道府県知事許可と国土交通大臣許可の違い
建設業許可の4つの要件 | 建設業許可、財産(金銭)的要件について | 建設業許可、経営業務管理責任者の要件について
建設業許可が受けられない欠格事由 | 建設業許可要件、専任技術者になれる国家資格一覧 | 建設業許可の専任技術者要件について
建設業許可要件、専任技術者の指定学科一覧 | 特定建設業許可の要件 | 建設業許可添付書類(愛知県)| 建設業許可添付書類(岐阜県)
岐阜県建設業許可申請書の提出先 | 愛知県建設業許可申請書の提出先 | 建設業許可票(標識)の掲載
建設業許可取得後の各種届出 | 建設業許可と経営事項審査

  〒501-0119 岐阜市大菅南9番20号
  TEL 058-214-7011 FAX 058-253-8305


Copyright(C)2005 Ken Hattori All Rights Reserved