建設業許可
|料金一覧|事務所概要|採用情報|お問い合わせ|
建設業許可トップページ建設業許可申請代行サイトマップ
 
建設業許可申請代行サイトサービスメニュー HOME>専任技術者の要件

サービスについて

よくある質問と回答集

建設業許可とは

建設業許可の種類

建設業許可の要件

建設業許可申請に準備する資料

建設業許可申請先

建設業許可取得後について

リンク集

お問い合わせ

愛知県・岐阜県の経営審査申請代行

愛知県、岐阜県内の入札参加資格申請代行

愛知県・名古屋市・岐阜県の産業廃棄物収集運搬業許可申請代行

一人親方労災保険特別加入申請

専任技術者の要件

 専任技術者とは、下記のいずれかの要件を満たす常勤の技術者のことを指します。

1、許可を受けようとする業種に関する国家資格等を有する者。

詳細は、→専任技術者になれる国家資格一覧まで

2、高校、大学以上の教育機関で、許可を受けようとする業種に関連する学科を卒業後、高卒の場合は5年以上又は大卒の場合は3年以上の実務経験を有する者。

詳細は、→専任技術者になれる指定学科一覧まで

3、学歴・資格の有無を問わず、許可を受けようとする業種に関して、10年以上の実務経験を有する者

※2つ以上の業種の許可を申請する場合、資格の要件を満たしていれば、一人で複数の業種の専任の技術者を兼ねることができます。
※電気工事業及び消防施設工事業の2業種に関しては、原則、国家資格者でないと専任技術者として認められません。

専任技術者として認められない場合

 専任技術者とは、その事業所に常勤し、専らその職務に従事する者を言います。
このため下記に該当する場合は、専任技術者として認められません。

1、住所が勤務する営業所から著しく遠距離にあり、常識上、通勤不可能な者。
2、他の営業所(他の建設業者も含む)の専任の技術者となっている者。
3、他の建設業者の経営業務管理責任者となっている者
4、他の建設業者の国家資格者となっている者

※専任技術者は、複数の事業所での2重登録はできません。前の会社などで専任技術者・国家資格者として登録されている場合は、前会社で抹消の手続きが必要となります。


建設業許可における一般建設業許可と特定建設業許可の違い | 建設業許可における都道府県知事許可と国土交通大臣許可の違い
建設業許可の4つの要件 | 建設業許可、財産(金銭)的要件について | 建設業許可、経営業務管理責任者の要件について
建設業許可が受けられない欠格事由 | 建設業許可要件、専任技術者になれる国家資格一覧 | 建設業許可の専任技術者要件について
建設業許可要件、専任技術者の指定学科一覧 | 特定建設業許可の要件 | 建設業許可添付書類(愛知県)| 建設業許可添付書類(岐阜県)
岐阜県建設業許可申請書の提出先 | 愛知県建設業許可申請書の提出先 | 建設業許可票(標識)の掲載
建設業許可取得後の各種届出 | 建設業許可と経営事項審査

  〒501-0119 岐阜市大菅南9番20号
  TEL 058-214-7011 FAX 058-253-8305


Copyright(C)2005 Ken Hattori All Rights Reserved